" 下取りにもメリットはある

下取りはともかく手続きが簡単

自動車 下取り

かつては、自動車を売却するといえば新車ディーラーの下取りへ出す方法が一般的でしたが、買取専門店へ売却する人が増加してからは一般的な方法とは言えなくなりました。

でも下取りは下取りならではのメリットもないわけではなく、依然として自動車売却の有力な選択肢になっています。

■下取りのメリットとデメリット

<メリット>

自動車をディーラーに下取りとして売却するメリットは、他の方法に比べて最も手続きが簡単に済むことでしょう。

新車を買うところと今の車を売るところが同じなのですから、ともかく足を運んだり訪問を受けたりする手間が省けます。

また、新車を購入するための下取りですから、ディーラーの営業マンも親身になって段取りしてくれ、わからないことも教えてくれます。

下取りの査定は買取店に比べて低いという定評がありますが、売却額よりも「とにかく面倒なことは省きたい」「忙しくて時間が取れない」というのであればディーラー下取りがベストだということになります。

また、新車の納期が遅いときには下取り時期をのばしてもらえ、納車の日まで代車でなく自分の車を使えるのもメリットでしょう。

買取専門店への売却だと査定の有効期限が短いため代車で我慢しなければならない場面も出てきますが、ディーラー下取りなら新車が来る日まで愛車を使うことができ、お別れを惜しむこともできます。

<デメリット>

下取りの場合の決定的なメリットは「査定額が安い」ことです。

ネットで調べてみてもすぐにわかりますが、買取専門店に比べて下取りの査定額が低いのはほぼ定評になっています。

新車の下取りでしか中古車を扱わないディーラーに対して、大量の中古車を売買する買取専門店はそのスケールメリットゆえに可能になる薄利多売を背景に高額買取をすることができます。

自動車を少しでも高い査定で売却したいのであれば、下取りは良い選択肢とはいえません。

また、新車ディーラーはメーカーの系列下にあるため、純正品ではないパーツや装備品など社外品の評価が低いことも下取りのデメリットです。


※普通車に比べ値落ちの小さい軽自動車の場合、下取りのデメリットは一層大きくなります。

■ディーラー下取りの注意点

新車購入の価格交渉において、ディーラーは顧客の出方をみながら条件を出して来ます。

下取り価格にこだわってがんばり高い価格をつけてもらったとしても、新車の値引き額がその分他の人より小さくなっていたというようなことは良くあることです。

「値引きは限界だから、その分下取り額を○万円上乗せしましょう」というのは新車購入体験談等でよく目にするせりふです。

結局のところ、ディーラーは値引き額と下取り価格とのトータルの調整でできるだけ新車を高く売ろうとしていることになります。

下取り価格が高くなったということだけで喜んではいられないということになります。


簡単な申込み入力(最短1分)で各社が査定額を競争
詳細はコチラ

こちら こちら こちら




このページの先頭へ