" 買取専門店に売却

下取りはともかく手続きが簡単

自動車 下取り

■買取専門店に自動車を売却するメリットとデメリット

<メリット>

車を売るときに買取専門店を利用する最大のメリットは、なんといっても査定額が他の方法より高くなることです。

車買取専門店の薄利多売というスケールメリットを背景にした高額買取のパワーは、新車ディーラーや中古車販売店のかなわないところのようです。

ネットでもすぐに確認することができますが、買取専門店の査定額は下取り査定額と比べて明らかに違うというのが定評です。

自分でわざわざ店舗に出向かなくても無料で訪問査定(出張査定)をしてもらえるのも買取専門店のメリットです。

買取専門店とはいえ、競争のない1店だけの査定では高額査定を引き出すのはむずかしく、かつては自分で「買取店巡り」をして査定額を比較することも行われていました。

今では、一括査定という便利な無料サービスのお陰で、3社も4社もの買い取り専門店が訪問査定をしてくれ、自宅に居たままで査定額を競争させることができるようになりました。

この一括査定の登場もあって自動車の売却に買取専門店を利用するケースはこれからもどんどん増えていくと考えられます。

価格にこだわるのであれば、自動車の売却先は買取専門店で決まりでしょう。


※中古車でも人気が高く結構な値段で売られている軽自動車。 軽自動車こそ一括査定で高額売却を目指しましょう。


<デメリット>

数ある買取専門店の中には営業の連絡などがしつこい所があるのも事実であり、これがデメリットといえるかもしれません。

買取成績による歩合制が行われているといわれる某大手買取店は口コミをみても「しつこい」との指摘が見られます。

でも最終的にどこよりも高く買い取ってくれるためのやり取りなら、それも一つのステップかもしれません。

そうでないなら「他にもっと高額の所があります」とはっきり伝えるだけです。

また、下取りと違って新しい車が来るまで代車を使うことになるかもしれないという点も買取専門店のデメリットでしょう。

高く買うだけにすぐにオークションや自社販売網に出し販売価格が下がらないうちに売ってしまいたいというのが買取専門店の一般的な事情です。

素早く買い取ってくれるのはいいのですが、次の車の納車まで代車を使わなければなりません。

これも、売却時期を事前に吟味して調整することによりデメリットを最小限にすることができます。


簡単な申込み入力(最短1分)で各社が査定額を競争
詳細はコチラ

こちら こちら こちら




このページの先頭へ